6次産業化ってなに?
農林水産業・工業製品加工・サービスを掛け合わせた産業化
1×2×3=6

6次産業化ってなに?

6次産業化とは、1次・2次・3次それぞれの産業を掛け合わせ新しい産業をつくること。

一般的には生産者(1次産業者)が加工(2次産業)と流通・販売(3次産業)も行い、

経営の多角化を行うことです

主な事例

具体的な6次産業化は食品加工・実店舗経営・直接販売・イベント開催

6次産業化ときいて、まず思いつくのが「食品加工」。
自分で生産した農産物を加工して、オリジナル商品開発を行います。
サツマイモ農家さんなら、干し芋やさつまいもプリンなどが考えられますね

自分で作った農産物やそれを加工した商品を「直接販売」すること。
ほかには、カフェや農家レストランなどの「飲食店経営」、
一般の人向けに「イベント開催」をして、自分たちの農産物をアピールする取り組みもあります。
農家民宿」「農業体験」で農家に親しんでもらうのもいいですね。

いずれも直接消費者に接することができるのが魅力です。
「うちのサツマイモはここが違う!」「こんな育て方をしたんだ」など、
まごころやこだわり、商品の魅力を、直接消費者に伝えることができるのです

おいしさやこだわりを直接届けることができると思うと、生産者としてのやりがいも向上しますね

気になる!6次産業化のメリットとリスク

メリットは・所得の向上・農閑期の活用・地域の発展
デメリットは初期投資・専門知識・準備時間が必要なこと

〇所得が向上し、経営が安定する

農産物に付加価値をつけて販売したり、加工品の収入が見込めるため、所得の向上が見込めます。

また加工品は農産物に比べ、価格変動の幅が小さいというメリットもあります。

〇農閑期の活用

営業・加工業務に当てられるなど、農閑期を有効に使えることもメリットです。
もちろん商品が売れれば、出荷のない時期にも収入を得ることができます。

〇地域の発展

産業と地域風土・伝統文化を結びつけて、地域全体のブランド化を図ることで地域の活性化が期待できます。、また業務拡大によって仕事が増加すると雇用の創出にもつながります。

自分の仕事が発展することで、地域が元気になるのは誇らしいですね

●デメリットももちろんあります

 今までやってこなかった事業に取り組むので、新たな人材・知識・資金が必要となり、挑戦しなければ発生しなかったリスクを背負うことになります。

6次産業化は難しい? プランナーがあなたを無料でサポート

このページをご覧いただいたということは

6次産業化に興味を持っておられることと思います。

私自身「農業界を元気にするためにはこれだ!」という

6次産業化への期待と自信をもってこの仕事を始めました

なので今あなたがこうして興味をもって下さって、とても嬉しいです

でも現実にスタートするとなると…

人手がない 時間がない 資金がない 覚悟ができない

不安に思うあなたに、結論から申し上げます。

できます!!!

今あなたが立ち止まっているのは、

やり方がわからないからです。

自信が足りないからです。

6次産業化プランナーを派遣依頼して頂ければ、

経験に基づいたノウハウをお伝えし

「これならできそう!」という気持ちになるよう

一緒に6次産業化に取り組んでいきます

最後にお願いがあります!

農業界を元気にしたい私からのお願いです。

あなたの商品でお客様を美味しい!と笑顔にしてください

あなたの作物をブランド化して広めてあげてください

そして、苦手だけどこれなら食べられる!と子どもさんを驚かせてあげてください

あなたのサービスで、土に触る喜びを体験させてあげてください

そのためのサポートを私に全力でさせてください!

サービスのお申込方法はこちらで詳しくお伝えしています

6次産業化プランナーのお申込み方法

6次産業化とは?ご興味がある方はこちら