新谷梨恵子(あらや りえこ)

農プロデュースリッツ代表、6次産業化プランナー、さつまいも農カフェきららオーナーとして、自身とクライアント様で町おこしにもつながる農業の活性化を実践。

農業法人での就農経験と東京出身の消費者目線をあわせ持ち、消費者・農家・地域をつなぐ活動を行っている。

さつまいもを愛し、
さつまいもと共に生きる人生。

イモ愛にあふれた「さつまいも農カフェきららブログ」はこちら

いつか「さつまいもばあちゃん」と呼ばれる日まで頑張ります!!

6次産業化プランナーとして

農業法人で実際に農作業をしながら、イベント運営や製品化・販売を9年間経験。
「農業界全体を発展させるには」を考え抜いた結果、6次産業化をサポートする活動を開始。

多くの農家が6次化に興味があっても、時間と知識、営業力が不足して取り組めない。または成果が出せない状況を変えるため、就農経験と営業力を活かしたプランナーとして支援。

クライアントの6次化の成功を支えるとともに、農業による地域の活性化に力を注いでいる。            

机上のデータではなく経験に基づく実現可能なプランニングの信頼は厚く、80%以上のクライアントがリピーターとなっている。

過去プランナーとして関わった事例は、新商品開発(米粉・サツマイモ 他)、規格外品の販路開拓・商品化、農福連携 と多岐にわたる。

さつまいも農カフェきららオーナーとして

サツマイモをこよなく愛し、小千谷でサツマイモを特産化したい。

サツマイモで小千谷を元気にしたい。

その想いを込めた農カフェきららをオープン

大広場をイベントスペースとして、地域の交流や活性化の場を提供。
焼きイモソフトクリームをはじめとしたイモメニュー、「願イモ叶う」グッズでサツマイモ愛を伝えている。

農プロデュースリッツ代表として

農プロデュースRitzとしての事業を展開するかたわら、学校・自治体・農業関係団体など幅広い場で講師「さつまいも子先生」として登壇。

サツマイモ愛と地域愛を語り「パワーがもらえる講演」と好評を博している。

6次化プロデューサーとして4年間で100件以上の活動を全国で行う。

農業に関わり、小千谷の農業、新潟の農業、ひいては日本の農業の発展と拡大のために尽力していく。

きららベジファクトリー 代表として

「廃棄される農産物の付加価値化、そして育児中の母親と障害のある方の働く場づくり」

ふるさと起業家応援事業にて支援をうけ、

大量のB品や廃棄される農産物の一次加工を請け負う加工施設を運営。

障害のある方や育児中で子連れで働きたい方の場を設け、地域就労の活性化と

新潟の農作物の美味しさを広げる足掛かりとしている。

廃棄される農作物を1次加工する工場をつくり、育児中の母親や障害のある人が働く場を作りたい

さつまいも歴

昭和53年2月3日生  東京都江戸川区 出身 

高校生でサツマイモの可愛さに目覚める。

東京農業大学国際農業開発学科 卒業
在学中はタイ・ベトナムで農業実習をし、
イモ類の研究室入力所属するかたわら、「イモ」に関わる様々なイベントに参加。

平成12年 さつまいも畑で結婚式を挙げ、新潟県小千谷市に移住。嫁ぎ先の畑をさつまいもに染める。

食彩の王国 さつまいも

平成18年~平成27年4月 農業法人「農園ビギン」へ就農
さつまいもスイーツを開発し、人気商品へ育てる

平成26年11月  テレビ朝日「食彩の王国」 ”さつまいも” 出演

平成27年5月  トーク番組「CafeSta(カフェスタ)」 出演
「新潟のイモねえちゃん」として6次産業化とさつまいもをPR 

平成27年7月 新潟県初の6次産業化プロデューサープロ レベル4 を取得

平成27年8月  「農プロデュースRitz」設立
       さつまいもと農業の魅力をもっともっと発信するため独立 

平成29年10月  全国商工会議所女性会連合会主催
 第16回 女性起業家大賞の最優秀賞を受賞   

平成30年10月 TBS「マツコの知らない世界」でさつまいもマニアとして出演

平成30年12月 法人化 株式会社農プロデュース リッツ

資格

6次産業化プロデューサープロレベル4 

調理師

食育インストラクター

阿部生昌(あべいくまさ)​

専務取締役   アグリネット芋づる責任者

6次化プロデューサーとして新潟県内・全国をとびまわる新谷を
農の現場とサツマイモ農カフェきらら運営をメインに右腕として支えている

東京農業大学 国際農業開発学科 

株式会社上越東京農業大学

為貝農園にて研修

平成27年小千谷市に戻り 農プロデュースRitzへ